PROGRAM

*You can switch the display of "Thumbnail" and "Calendar" button on the left.
Admission Fee Applicable
Free Event〈See〉 (Reservation Required)
Free Event〈Join〉 (Reservation Required)

-TYPE-
Admission Fee Applicabl

-DATE-
November 3(Tue) 11:00

-TICKET-
Non-Assigned Seat 1,000 JPY

TOKU & Magnus: JAZZ LIVE

A jazz concert given by the Swedish-born multi-talented Magnus Lindgren - composer, arranger, saxophonist, flutist and clarinetist.

ARTIST

Magnus Lindgren, saxophone
TOKU, vocal, flugelhorn
Takana Miyamoto, piano
Shun Ishiwaka, drum
Satsuki Kusui, bass

About the Artist

Magnus Lindgren, saxophone Magnus Lindgren is a multi-talented creator of music. His ability to express himself on the tenorsax, clarinet or flute wears the sign of a real master. However, he is also able to explore interesting music on several other instruments. Multi is a good expression of this gifted person. As a composer he has a great potential to fulfil his own creative impulses. He dresses them in a melodical costume, optimal for the stylish frame that is proper for the moment.
Born in Västerås, Sweden in 1974, Magnus Lindgren started to play the saxophone at age 13. His first big tour was at the age of 18 with the Peter Johannesson Band and Herbie Hancock. Over the years he also worked with Joe Sample, Wilton Felder, James Ingram, Koop, Bob Mintzer and opera singer Barbara Hendricks. A graduate of the Royal College of Music in Stockholm, he has gained a lot of attention in Sweden with his debut album "Way Out" (1999) that was nominated for a Swedish Grammy. His big band album "Paradise Open" (2001) with the Swedish Radio Jazz Group was awarded a Swedish Grammy and other prizes as well. Magnus Lindgren was Sweden's Jazz Musician of the Year in 2001 and won a Swedish Django d'Or in 2006. He was also commissioned to write music for the Nobel Prize Banquet (2003). With his quartet he regularly tours Europe and has played some big festivals.

TOKU, vocal, flugelhorn Toku was born on February 20, 1973 in Niigata Prefecture. In his junior year of college, he moved to the United States to learn English at Tokyo International University in Oregon. There, Toku played in a band with his roommate, a jazz pianist. Upon graduating from college, Toku started singing at the jazz club BODY & SOUL. There, he was scouted by Rob Crocker,a DJ from the Tokyo radio station (INTER-FM),who heard him play Miles Davis' version of If I Were a Bell. This eventually led to him signing with Sony Music Records Inc. He released his first album, "Everything She Said"(produced by Rob Crocker)on January 21, 2000. In August, he played at Blue Note Tokyo, and in November had his first overseas performance in Konkuk University's New Millennium Hall in Seoul, South Korea. The following year, he release his second album, "Bewitching." In 2002, Toku's fame spread through the song "You are so beautiful," which he sang for a Hitachi TV commercial as well as his first single "Do-Re-Mi" for Honda's Odyssey ad campaign. Since then, he has released nine albums and performed all over the world, including at the Jazzy Shanghai Festival, Paris Jazz Festival, Hong Kong International Jazz Festival, and the Jakarta International JAVA JAZZ Festival.
www.toku-jazz.com

Takana Miyamoto, piano ピアニスト、作曲家。茨城県結城市出身。欧米(ボストン、NY、アトランタ、ロンドン)に19年在住。北南米、ヨーロッパ、アジア、アフリカなど、25ヵ国に渡り国際的に活動。
幼少からエレクトーンを学び、14歳で作曲家になると決心、ピアノに転向。米国ボストンのバークリー音大に留学、ジャズに目覚める。映画音楽学科・ジャズ作曲学科卒後、全米エドマンジャズピアノ大会優勝。歌手ニーナ・フリーロンのワールドツアーに5年間参加、ピアノ・編曲と音楽監督を担当した「Soulcall」は2001年グラミー賞に2部門でノミネート。レネ・マリー、リズ・ライト、アラン・ハリス、TOKU、中西圭三、マヤ・ハッチ、ギラ・ジルカ他、ボーカリストとの共演や、ビル・エバンストリオのドラマー、マーティ・モレルとエバンストリビュート等展開。NYでの活動を経てアトランタに拠点を移し、ジョージア州立大学ジャズ教育学修士卒。「ジョージア州で最も影響力のある女性」「アトランタベストジャズアクト」(二年連続)他受賞。「種まく旅人」「ふるさとがえり」等の映画音楽、NHK番組のテーマ曲や演劇の音楽も担当。地元結城市「紬の郷サウンドフェスタ」スーパーバイザーとして、毎夏国内外からゲストを招聘して共演。
TOKU(vo/flglhn)の「Love Again」「Sings & Plays Stevie Wonder」「Dream a Dream」のプロデュース、作詞、作曲、編曲を手掛け、グラミー賞候補のカーク・ウェイラム(sax)とプロデュースした「Promises Made」は、2008年ビルボード全米5位にチャートイン。2013年6月にはトリオアルバム「On My Way」を発表。

Shun Ishiwaka, drum 1992年 北海道清里町生まれ。札幌市出身。幼少からクラシックに親しみ、13歳よりクラシックパーカッションを始める。 2002~2006年まで札幌ジュニアジャズスクールに在籍し本格的にドラムを演奏し始め、その間、Herbie Hancock(p)氏、日野皓正(tp)氏、タイガー大越(tp)氏に出会い多大な影響を受ける。 2004年、日野皓正quintet Live(六本木アルフィ) にゲスト出演。 2006年8月、日豪交流派遣事業によりシドニー「オペラハウス」にて演奏。12月、日野皓正special quintetのメンバーとして札幌にてライヴを行う。2007年金澤英明(b)氏、石井彰(p)氏とトリオを結成し、ツアーを行う。三笠宮寛仁親王主催の「愛のコンサート」に 出演し日野皓正(tp)氏、渡辺香津美(g)氏、山下洋輔(p)氏らと共演。 2008年3月、ボストンバークリー音楽院タイアップの「グルーヴ・キャンプ 」を受講し「バークリーアワード」を受賞。 2009年 夏、奨学生としてバークリー音楽院に留学。10月、横浜ジャズプロムナードコンペティションにて、Takeshi Ohbayashi Trioとして数々の賞を受賞。 2011年5月、「BLUE NOTE TOKYO Special Session supported by 大黒摩季」に出演。 2012年4~7月フジテレビ 放送 アニメ『坂道のアポロン』 の川渕千太郎役ドラム演奏、モーションを担当。11月、吉松隆作曲「サイバーバード協奏曲」を準ソリストとして東京ニューシティー管弦楽団と共演。 2013年4月、ミニアルバム『石若駿Trio The Boomers ~Live At The Body & Soul~』をタワーレコード限定でリリース。リズム&ドラムマガジン 6月号 ”次世代”Jazz Drummer特集に取り上げられる。8月、小澤征爾 総監督による、サイトウキネンフェスティバル 大西順子講師による「サイトウ・キネン・ジャズ勉強会」にサポートミュージシャンとして参加。 2014年2月東京藝術大学打楽器専攻生による有志演奏会のインスペクターを務めIannis Xenakis「Persephassa」を演奏。5月、日野皓正special quintetの北海道ツアーに参加。9月初頭、森山威男(ds)氏を東京藝術大学に46年ぶりに招き、藝祭にてDrum duoを実現させる。9月下旬、Taylor McFerrinの単独来日公演のドラマーに抜擢され好評を博した。11月、東京藝術大学モーニングコンサートにて日本人初演ソリストとして、打楽器協奏曲「Frozen in Time」を藝大フィルハーモニアと共演。 2015年3月、J-WAVE V.I.Pにゲスト出演。
これまでにクラシックパーカッションを大垣内英伸,杉山智恵子,藤本隆文の各氏に師事。 クラシック、現代音楽、新曲初演も行っている。 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校 打楽器専攻を経て、同大学音楽学部器楽科打楽器専攻を卒業。卒業時にアカンサス音楽賞、同声会賞受賞。

Satsuki Kusui, bass 1985年5月16日 北海道旭川市生まれ
幼少期にエレクトーン、中学からエレキベースを演奏し、法政大学ジャズスタディクラブに入部後ポールチェンバースに憧れコントラバスを弾き始める。井上陽介氏に師事し、在学中よりプロとして演奏活動を開始。ジャズの伝統に根差した強靭なスウィングビートでバンドサウンドを固める。2011年より辛島文雄(Piano)トリオ,クインテットに加入し二ヶ月に渡る全国ツアーに参加。
他に岡崎好朗(Trumpet),奥平真吾(Drums),谷口英治(Clarinet),TOKU(Vocal,Flugelhorn)各氏のバンドや他多数のセッションで活動中。Vladimir Shafranov(Piano)を始めとして海外ミュージシャンの来日公演のサポートも数多く務める。また、自身のバンド「ピアノトリオG」などのリーダーとしての活動も精力的に行っている。